副業

独学無理ゲー!プログラミング挫折して勉強ができない人の共通点と解決方法

パソコン一台でどこでも仕事ができるようになりたい!そんな夢を見て、走り出したけど、実際、プログラミングの独学は、ほぼ無理だ。。

僕は独学でプログラミングを勉強しましたが、挫折を繰り返して、習得まで3年近くかかりました。

今振り返ると、習慣や環境でプログラミングを習得できるできないが決まるので挫折する人の共通点をまとめて見ました!

すがたく
すがたく
僕、全て当てはまってます、、、3年もかかったけど、みんなには、サクッとプログラミングを習得してほしい

挫折1|プログラミングで何がしたいのか具体的に見えていない

「会社に縛られずに、パソコン一台で仕事ができる為にプログラミングを勉強しよう!」

「プログラミングの年収がいいから、勉強しよう!」

などなど、プログラミングをお金や自由に暮らす為の手段としか考えていない人以外に多いです。

僕の場合は、友人がフリーランスエンジニアで楽しく自由に生活しているのを見て「プログラミング勉強だ!」と決意して、蔦屋でhtml&cssの本を買ったのが始まりでした。

なんの言語でどんなプロダクトを作っているイメージも湧かず、ただただ本に書いてあることをパソコンで打つ毎日でした。

すがたく
すがたく
ゴールが見えなかったから、続かなかったな

挫折2|周りにプログラミング習得者がいない

プログラミングを習得している人が周りにいないことで、リアルの声や質問ができないので、知識に偏りができたり、自分の弱みが見えないまま勉強を進めてしまう人

自分が今どのくらい習得できているのか、今のスキルでどのくらいの仕事ができるのかを把握することができない。

実際に、プログラミングを習得してエンジニアで働いしてる人が近くにいることで、具体的な目標ができ、逆算してゴールが見える。

すがたく
すがたく
知り合いにエンジニアがいることは、心強いよね。

僕は、居たけど最初の2年は自分のプライドが許さなかったから聞けなかった、、

挫折3|お金がないからプログラミングスクールに行かない

プログラミングを学ぶ方法は、スクールに通う!独学する!友人に教えてもらう!などありますが、スクールで学びたいんだけど、お金がないから独学に決めた人。

独学に向いてる人、向いていない人がいますが、僕の場合、スクールに行きたいけど、何万もかかるから、なら独学でしてみよう!とズルズル独学をしていました。

すがたく
すがたく
僕は、よくグーグル検索でプログラミングスクールを検索していました。

やっぱりスクール行きたいな〜って挫折の度に思ってた。

アルバイトをしながら、スクールを通うこともできるので、過去の挫折している自分に言えるとしたら、「バイトしながら、プログラミングスクール通う方がいいよ!」と伝えます!

圧倒的なサポートやモチベーションになるので、何十万払っても、その後案件を1件取れば回収できます!

挫折4|本に頼ってグーグル検索ができない

独学で勉強する方法に本とWebサービスがあります!

本やWebサービスで学ぶことはステップに剃って学ぶことができるのでおすすめですが、不具合が出た時に解決できなくて、挫折してしまう人が多いです。

エンジニアは、バグや分からないことをグーグルの検索でうまく解決しています

独学をする上で、グーグル検索で分からないことを解決できるスキルをつけることは必須です!

将来、エンジニアになった場合、なんでバグが起こっているのかを的確に見つけて、分からない知識をグーグル検索で補えるスキルもエンジニアの一つのスキルとして必要になってきます!

すがたく
すがたく
実際にエンジニアとして働いたとき、分からないことは、まずググって(グーグル検索)してそれでも分からなかったら、周りに聞くのが普通だった

挫折5|モチベーション管理ができていない

「プログラミングの勉強は楽しいですか??」

挫折してしまう人は、退屈な学校の勉強のようにプログラミングを勉強している人です。

僕も本を買って勉強していた時期は、本にマーカーやメモをとったり、大学で勉強をしている時と変わらずで、次第に義務感に変わってプログラミングの勉強が楽しくなくなってきました。

次第にサボるようになり、、、本を開くのがいやになった。

すがたく
すがたく
本に付箋ばかりで、教科書か。。。って自分で本にツッコミしてたよね。

挫折6|勉強ばかりで、作ることができない

本やWebサービスに沿って、学ぶだけでは、実戦で活用できるスキルになりません。

プログラミングとは、プロダクトを作る手段なだけで、実際に自分で考え作ってみることで足りないスキルやどこが勉強が足りないのかなど把握できます!

また、自分で作ることで作る楽しみがあります!ただ勉強しているだけだとモチベーションが続かないですが、勉強した知識で簡単なWebサービスやウェブサイトを作ってみることで、より勉強が加速してきます!

僕も友人にサイト制作の依頼を受けてから、勉強が楽しくなり、本やウェブサービスだけの勉強から自分でグーグルで検索して作り始めて、プログラミング言語でプロダクトを作る楽しみを知りました。

挫折7|パソコンに金かけすぎちゃう

エンジニアと言ったら、MacBookでしょ!!と僕は勝手なイメージで、MacBookProを貯金全て引き落として買いました。。。そのおかげで、、、プログラミングスクールにいけなかった。

今思うと、中古でもいいからプログラミングができるノートパソコンを安く買って、スクールにお金を出した方が圧倒的にエンジニアに早くなれたと思います!

しかも、MacBook Proはなんでもできるので、デザインの勉強をしたり、動画編集に手つけたりと、パソコンを使い倒すことが楽しくてタマラなくなってしまった。

すがたく
すがたく
形から入るよりも、最低限、学べる環境を作ることから始めた方がいいね

解決策1|まず、エンジニアの知り合いを見つけよう

僕が挫折から抜け出した1つとして、エンジニアの友人がいたことです。

初めは、独学でしてやる!誰にも相談しないで自分一人でやるんだ!と意気がってたのですが、2年ほど挫折を繰り返して、、、知り合いのエンジニアに「助けて!」と連絡しました。

すると、まずは僕が現状どの程度、スキルがあるのかをエンジニアの視点で見てくれて、具体的に何を勉強すれば仕事がもらえるレベルになるかを教えてくれました!

さらに、仕事を紹介してくれたり、おすすめのプログラミングスクールや本や勉強の方法を教えてくれた。

今は、ツイッターなどでエンジニアの人がすぐ見つかるので、フォローして定期的にコメントをして、少しづつ関係を作っていくことで、エンジニアの方からアドバイスが貰えたりします!

すがたく
すがたく
ツイッターでエンジニアや独学している人を見つけるのがいいね!

解決策2|プログラミングスクールに無料で体験する

極論ですが!プログラミングスクールに無料体験に行こう!

プログミラングを独学してみて、どこで挫折して、これからどうすればいいのか?相談にも乗ってくれるので最悪の場合、スクールに通う選択をすればいいと思います!

スクール側からしたら、加入してくれるのが嬉しいですが、まず実際に自分が挫折した経験を話して、どうすればいいのか?はあなたより、スクールの先生方の方が圧倒的に理解しています!

僕の場合、友人のエンジニアにおすすめのスクールを教えてもらい、挫折した経験を相談しました!そうしたら、親身に話を聞いてくれて、背中を押してもらいました。

さらに、スクールに無料体験にいくと、そこで学んでいる風景をみることができるので、さらにモチベーションに繋がります!

無料体験だけして独学に取り組むのもよし!加入するのもよし!

まずは、話を聞きにいくことで、自分の環境や心境を変えることができるので、ぜひおすすめです!

まとめ:無料体験して見たら

エンジニアの需要がどんどん高くなって来て、スクールが増えているのも現状です。

そんな中で僕みたいに独学にこだわらずに、スクールの体験をしてみることで自分は本当にエンジニアになりたいのか?と深く考えることができ、更に学ぶ姿勢が加速します!

すがたく
すがたく
僕は、時間がかかっても自分で習得したい!って熱があったので、2年かかっても独学にこだわってました。

でも、今思うと3〜6ヶ月でスクールを卒業することができるので、もっと効率の良い方法があったな。。。と反省しています。

僕自身もフリーランスでエンジニアの仕事を受けることがありますが、知識不足ってことも多々あり、その都度勉強しています。

スクールでは、無駄な知識や知識の偏りなく実践的なスキルを学ぶことができます。

もし、今あなたが挫折していて、今後の学び方を考えているなら一度無料体験へと足を運んで見てはどうでしょうか?

 

今なら、無料体験でAmazonギフト1000円もらえる!

無料体験の詳細をみる