えりたく夫婦について
雑記

珍しい夫婦?ツイッターで出会い、車に住んでる。えりたく夫婦の不思議で変な話

車中泊の旅で日本一周中!えりたく夫婦の嫁・菅原恵利@erincology)です。

私たちは夫婦でバンライフ(車中泊生活)を楽しみながら、リモートワークで働いています。

最近は、夫婦で旅する暮らしをしていたり、2人揃ってリモートワークする方は増えているので、そこまで珍しい存在ではないですよね。

そんな中、同じようにバンライフしているご夫婦から「旅に目的があることが珍しいよね」「軽自動車で車中泊ってすごい」と言われたり、「出会い・馴れ初めも珍しい!」ということでTVの取材まで来たりとか・・・。

えり
えり
周りに「ここが変わってる」って言われるようになってから、私たちは割とマイノリティー(少数派)な夫婦なのかも?と気づき始めました。

今回の記事では、えりたく夫婦が世間から少しズレている(?)というか、珍しい・変わっていると言われたことを紹介していこうと思います。

【車移動する夫婦生活】働きながら旅をする!1年目上半期は基盤を作るための活動

1|出会い・馴れ初めが珍しい夫婦

出会いはツイッター

そもそも私たちが知り合ったキッカケは、ツイッターでした。

知り合いの知り合いか何かでタイムラインに流れてきて、たぶん、個人事業主・ブログ運営してる・SNSをビジネスとして活用してるっていう点で共通点があることで、いつの間にかお互いフォローしていました。

私は当時、海外を放浪してて、日本に一時帰国した時「友達が経営してる新宿のカフェにいるので、会いたい人は会いましょー!」とツイートしたら何人か会いに来てくれた中に、夫がいました。

えり
えり
みんな帰っちゃった後、なぜか1人だけ終電逃して来たから「計算?!」と思って少し警戒してた。笑
たくや
たくや
ただ仕事で遅くなっちゃったんだよ・・・!(という言い訳)

>>えりのツイッター

>>たくやのツイッター

出会ってすぐに2人で旅へ

会いに来てくれた直後は、帰国と警戒の疲れで(笑)、そのまま友達のカフェで爆睡。

翌朝、起きてから・・・

えり
えり
あれ、この人ちゃんと何もして来なかったな。なんか大丈夫そうだし、誠実そうだな。

そう思ったら、すぐ寝ちゃって全然話せなかったことが申し訳なくて。

2人で銭湯行って、ランチして、カフェして、ディナーして、また友達のカフェで寝て、銭湯行って・・・ってずっと一緒にいた。

そして、出会いから3日目。

たくや
たくや
この後、愛媛で仕事があって、車で移動しながら行こうと思うんだけど、一緒に行かない?

どうせ日本に居る間の予定は無かったし、旅をするのは好きだし、一緒に居て楽しいし、面白そうだから、付いて行くことにしました。

えり
えり
そうして2人の旅は始まったのです。

出会って5日で付き合いカップルに

まずは東京を出発して、大阪方面へ。

ドライブでは会話が弾んで、とっても楽しくて。

彼は5歳も年下だから最初は弟にしか見えなかったんだけど、車のドアを開けてくれたり、さりげなくブランケットをかけてくれたり、ご飯を全部奢ってくれたり(笑)

えり
えり
そんなベタな優しさから「この人、もし彼氏になったら私のこと大切にしてくれそう」って思ったよね。

フリーランスカップルの馴れ初め|本当にあった出会って5日で付き合った話!

2|結婚願望なかったのにスピード婚

出会った翌月にプロポーズ・婚約、その翌月に入籍・結婚

そして、カップルになってから1ヶ月目の記念日にプロポーズされました。

しかも道端で(笑)

えり
えり
結婚願望が無かったのは、自分の好きなことだったり、仕事が出来なくなりそうだったから。

でも、夫となら好きなことを一緒に実現していけるって思いました。

スピード婚約&結婚!出会って1ヶ月で婚約までした僕ら夫婦の物語

実は両親に大反対された

私はもう両親が居ないので挨拶の必要が無かったですが、夫のご両親は大反対でした。

たくや
たくや
反対されても、俺はえりと結婚するって決めてるから。

とのことで、勝手に婚姻届を出して、あとでめっちゃ怒られました。

理由は、

  • 2人ともフリーランスで訳の分からない仕事している!
  • 出会いがツイッターとか大丈夫なの?!
  • 彼女は両親が居なくて寂しいだけ・・・飽きたらすぐに出ていかれる!

って言われた、と夫から聞いて、もう胸が痛かったです。

でも、いつか認めてもらえるように2人で頑張ろうって、コツコツやってきました。

えり
えり
今では2人の仕事が確立されて、収入も安定して、反対されなくなったと思います。(・・・多分)

実は私たちが開設したYouTubeのチャンネルは「今どこでどんな仕事をしているのか」親御さんに見て少しでも安心してもらえるように発信し始めたっていうのもあります。

3|結婚の定番から遠ざかってる

婚約指輪・結婚指輪は要らない

結婚した時に、夫がポルカ(フレンドファンディング)で結婚指輪代を集めてくれました。

一般的な結婚指輪が買えるほどのお金はなかったので、安いものを購入させてもらいましたが・・・

私が金属アレルギーなので、左手の薬指が爛れてしまって、残念な事に指輪を付けられなくなってしまいました。

えり
えり
ポルカして下さった方々には、申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・。

という事で、今は指輪を買う優先順位が下がっています。

それよりも今は2人で何か体験することや、夢に投資するものにお金を使いたい。

だから私は「もう指輪は要らないよ。いつも一緒に居るから良いんじゃない。」って言ってるんですが、

たくや
たくや
いや!いつかちゃんと、肌が荒れなくて、可愛いのを買おうね。

ハネムーン・新婚旅行も行かない

私たちは、常に旅に出ている生活をしています。

旅が日常で、暮らしの一部です。

えり
えり
なので、もしかしたら今が長めの新婚旅行なのかもしれません(笑)
たくや
たくや
今年はえりと、海外旅行にも行きたいな!行こうね!

結婚式は挙げたくない

結婚式は挙げる予定はありません。

・・・というか、私が挙げたくないのです。

理由としては、

  • 両親・家族が居ないから見せる人が居ない
  • 周りに気を遣わせたくない
  • そもそも呼んだら来てくれそうな友達が居ない
  • よく結婚式でバタバタして「疲れた」「大喧嘩した」っていうネガティブな話を聞いて億劫になってる

などなど色々ありますが、1番は「両親など、見せても心から喜んで参加する人なんて1人も居ないだろう」と思ってるからです。

えり
えり
でも、2人だけの面白い結婚式とかだったら、いつか挙げてもいいかな〜って思ってます。

アメリカに「ドライブスルー婚」ってやつがあるらしい!

それなら面白そう(笑)

子供を産む予定は無い

私は「子供を産まない」条件で結婚しました。

複雑な家庭で育ち、家族解散の経験をしたのも影響してか、「私は親になりたくない」という価値観があります。

親子の絆・家族の絆というものを信じていないし、だからこそ、子育ての責任の重さを感じてます。

詳しくは、こちらのDINKSについての記事に書きました。

DINKSとは?子なし夫婦の条件で結婚した理由!最高に幸せになるメリット

4|家がない!ホームレスの夫婦

「家は要らないよね」と意気投合

私たちが出会った時、お互い「今月で家なくなるんだよね〜」っていう話で、めっちゃ意気投合した。

なんで家が要らないと思ったかと言うと・・・

  • 旅することが好き
  • 高い家賃を払うことに疑問
  • 同じ場所に帰ることに疑問
  • もっといろんな景色が見たい
  • 毎日のように気分転換したい
  • ミニマリストだから家のスペースが余る
  • どこに居ても出来る仕事をしてるから、ずっと家に居る必要がない

これの説明せずとも、2人の価値観がピッタリと一致しました。

車に住んでる、しかも軽自動車(ハスラー)

じゃあ普段どこで生活してるの?と聞かれると、「車」という風に答えています。

車生活(バンライフ)はアメリカで流行った後、最近は日本でも実践してる人が増えてますよね。

多くのご夫婦は、バンだったり、ハイエース、キャンピングカー、モバイルハウスなどに住んでいますが、私たちのお家は小っちゃい小っちゃいスズキの軽自動車・ハスラーです。

えり
えり
車中泊っていうと、リクライニングして寝るだけだと思ってたけど、ハスラーはなんと、フルフラットになるんです!

だから軽自動車なのに、広々!

セミダブルベッドくらいの広さになるので、2人で横になっても快適に眠れます。

寝るときに停める場所は、道の駅だったり、Carstay(カーステイ)という車中泊スポットを検索&予約できるサイトで寝床を探しています。

お風呂は銭湯・温泉施設、食事は外食・車内で簡易的な調理、荷物は全部車内に入ってます。

住民票は、夫のご実家に置かせてもらっています。

5|夫婦の仕事・働き方が珍しい

夫婦セットでしか仕事しない

結婚する時に、「2人の時間を大切にするために、2人で出来る仕事を作っていこう」という約束をしました。

最初はなかなか形にするのに苦労しましたが、ハッキリと「夫婦で働きたい」ということを伝えたり、お互いを補えるスキルを磨くことで、それが実現するようになりました。

今では夫婦セットで必要としてくれる企業様との繋がりが、どんどん増えてきています。

リモートワークと夫婦採用のススメ!えりたく夫婦が実践する新しい夫婦の生き方・働き方

リモートワークで仕事する

取材・打ち合わせなどの時は、夫婦セットで現地に行く場合もありますが、基本的にはリモートワークしています。

夫は主にサイト構築、私は主にライティングしています。

2人で隣に座って、パソコンをカタカタ。

えり
えり
気づけば何時間も無言で作業していることもあるけど、ちゃんと休憩時間は合わせて、2人で息抜きしながら仕事しています。

6|SNS・メディアで目立ちたい理由

夫婦揃って顔出しOK

珍しい出会い・馴れ初め・ライフスタイルを送っていても、取材NG・顔出しNGのカップル・ご夫婦も多いようです。

私たちは目立ちたがり屋なので、顔出し・メディアへの露出、大歓迎です!

YouTubeもやってる

カップル・夫婦でSNSのアカウントを持っていても、YouTubeにアップロードするのはなかなか面倒くさいと思います。

私は動画編集が結構好きだし、旅のネタも尽きないので、さりげなくYouTubeも頑張っています。

さっきもお話したように、夫の親御さんに安心してもらえるように始めましたが、ちょっとずつ面白がってくれる人が増えつつあります。

今1番頑張りたいコンテンツとして力を入れています。

>>えりたく夫婦のYouTubeチャンネル

旅の目的がある

私たちには、旅をして暮らす上での目的があります。

今まで夫婦でいろんな場所に行きましたが、素敵なのにweb上でそれが伝わらないスポット・地域などをたくさん見てきました。

webサイトの立ち上げから運営のアドバイスをすることは出来ますが、それだけじゃなく、もっと多くの人に知ってもらうためには、私たち自身が有名になって、発信力を持つことが一番良いんじゃないかと思いました。

旅の様子を発信することで、私たちの認知度を上げる、有名になって発信力・影響力を持つ、そして、仕事を通して日本の各地域の活性に貢献する。

えり
えり
これを実現するために、各地域で出会った方々との繋がりを大切にしながら、YouTubeはじめ、お仕事を頑張っていきます!

珍しい夫婦えりたくの変な話まとめ

そんな感じで、最後に私たちの熱い想いをブチまけて終わりました。

・・・変でしたか?

珍しいけど「ここはめっちゃ共感した!」「ちょっと世界観が広がったかも!」などなど、感じていただけたら嬉しいです。

えりたく夫婦はコツコツコツコツ、目の前のお仕事をしっかりやりながら、これからも高みを目指して行きます。

こちらの記事もおすすめ