えりたく夫婦について

【車中泊初心者向けグッズ】軽自動車で車中泊するプロが解説!

車中泊をこれから初めてみたいけど「初めてだから不安」とか「何を持っていけばいいのかな」などなど分からない事ばかりです。

実際に車中泊をしながら日本を回っている僕ら夫婦が直面した「悩みや困った事」そして「解決策」を紹介します!

車中泊をこれからはじめる方へ

たくや
たくや
実際に使っているグッズを紹介します!

ちなみに、僕ら夫婦は、軽自動車のハスラーで車中泊生活をしています。

車中泊の寝具は、普通の布団か寝袋

車中泊をする期間によりますが、僕の場合、車の中でも家と同じように睡眠をしたいので普段使っている布団を積んでいます。枕は、低反発を積んでいます。

荷物を極限まで減らして、防寒対策さえ出来ればいい!と思う方は、寝袋をおすすめします。

運転手が一人で長時間運転する場合は、寝具を布団にしないと、翌日に腰が痛くなる場合があります。

寝具について

車中泊期間が長い場合

  • 普段使っている布団と枕がいい
  • 荷物はかさばる
  • 定期的に洗濯&干す必要がある

車中泊期間が短い場合

  • 防寒重視で寝袋と簡易的な枕
  • 荷物にならない
  • 持ち帰ってから家で洗濯でOK

睡眠を快適にするアイテム

  • アイマスク
  • マスク
  • 空気清浄機
  • 耳栓
  • 車内カーテン
  • ブランケット(女性)

<ブログ記事 ><youtube>
>> 車中泊でも睡眠の質を落としたくない
>> 車内カーテンを¥100均で作ってみた

布団と枕を車に積んだ様子

<写真>
・畳んである状態
・布団を敷いた場合

<youtube動画埋め込み>
・布団をひいて、寝るまでの様子

車中泊の食事は、コスパと栄養を重視

車中泊生活を継続していると、各地域のグルメを食べたくなるので、外食が圧倒的に増えます

グルメ巡りが一つの楽しみなのですが、車中泊期間が長い場合は、栄養面や食費を考えて行かないと体調不良を起こして、楽しい旅が出来なくなります。

おすすめは「昼は外食!夜は調理!」旅先の新鮮な農産物が買えるスーパーや道の駅で買って軽く調理をする。

その場合、調理器具が必要になります、包丁・まな板・皮むき・コンロ・フライパン・洗剤くらいなので、積んで置きましょう。

車中泊飯に必要なアイテム

  • まな板
  • 包丁
  • 皮むき
  • コンロ
  • フライパン
  • 洗剤
  • はし
  • クーラーボックス

<ブログ記事>
>> 車中泊飯レシピまとめ|地元の新鮮な食材で簡単調理

<youtube 埋め込み>
>> 車中泊飯クッキング by たくや

折りたたみ机と椅子があると便利

車内でも車外でも

水問題は、イオンで解決

健康的な面と食費の面で言うと「水」は大きいです。

車移動していると、普段よりも喉が乾くので1日2Lは直ぐ無くなります。

毎度、コンビニやスーパーで2Lの水を¥100で購入してもいいですが、イオンで水が無料でくめるので、ぜひ活用して欲しいです。

<ブログ記事>
>> イオンで無料水をもらう方法

車中泊での電気は、モバイルバッテリーとソケットとライト

移動時はエンジンが付いているので、シガーソケットだけでいいですが、エンジンを止めて寝るまでの間のライトや電源の問題は、モバイルバッテリーで解決しましょう!

スマホ・パソコンの充電はもちろん、空気清浄機やアイロンにも使えるので、モバイルバッテリーはあると快適になります。

電源・ライトについて

安く済ませる場合

  • 電池式ライト
  • シガーソケット
  • ノートパソコン

快適に車中泊を楽しみたい場合

  • 大容量モバイルバッテリー
  • シガーソケット
  • ライト
  • ノートパソコン

大容量のモバイルバッテリーは、それなりの価格するので、ノートパソコンを一台持って行けば、スマホの充電ができて、動画配信サービスで映画も観れるのでおすすめ

<ブログ記事><youtube>
>> モバイルバッテリーで快適に車中泊をしてみた
>> 車中泊ナイトを楽しむ!車の中で映画を快適に観る方法

ライトは、明るさと雰囲気の境目が大事

「ライトは、明るい方がいいよね!」と軽い考えでいると、眩し過ぎて目がチカチカする!って事が良く起こります。

ライトは、白ではなく、オレンジ色の灯を選ぶ!車中泊の雰囲気を最大限に高めてくれる!

<ブログ><youtube>
>> 車中泊の雰囲気を最大限に高めてくれるライトを紹介
無印良品の持ち運びができて、かけることができて、自立するLEDライト